ハンガリー人はフン族(匈奴)で火星人、結社員

ハンガリー人」は匈奴種族らしい、じゃ「ハングリー人」ではないか?と疑問

ハンガリー人宇宙人説-https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%BA%BA%E5%AE%87%E5%AE%99%E4%BA%BA%E8%AA%AC

抜粋

ハンガリー人宇宙人説(ハンガリーじんうちゅうじんせつ)とは、ハンガリー人は地球以外の星(特に火星)から来た宇宙人であるというジョーク。

・説の内容

はるか昔、異星人たちは宇宙船に乗って地球を訪れ、現在のハンガリー領に着陸した。しかし当時、ヨーロッパに住んでいた諸部族は野蛮であったため、自分たちが他の星から来たよそ者だということが知られると、殺害される恐れがあった。そのため彼らは自らの出自を隠し、地球人としてふるまい、地球人そっくりに生活するようになった。

・説の誕生

この説が生まれたのは、第二次世界大戦中のロスアラモスだと考えられている。当時は、エドワード・テラー、ユージン・ウィグナー、レオ・シラード、ジョン・フォン・ノイマンといった、ハンガリー生まれの優秀な科学者が多数存在した(上記4名は、ブダペストの同じ街区の生まれである)。そのため、彼らの人並み外れた知能から、ブダペストが異星人の住む土地だという説が広まるようになったと考えられている。伝説の冒頭を「はるか昔」ではなく「19世紀末から20世紀のはじめ頃」とし、ヨーロッパの山奥あるいは森の奥に墜落した宇宙船に乗っていた宇宙人が人類に擬装し、人間社会に紛れ込んだのがこれらの天才たちである、とするバージョンもある。

アイザック・アシモフは、「我々の間で、地球には2種の知的生命体が存在するといわれている。人間と、ハンガリー人である」と語っている。

ハンガリー-https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC

抜粋

・日本語の表記はハンガリーであるが、20世紀中盤まではハンガリアと表記する例も散見された。漢字表記では洪牙利で、洪と略される。中国語では、ハンガリーフン族語源説が伝えられて以降、フン族と同族といわれる匈奴から、匈牙利と表記するようになった。

ハンガリー語で「ハンガリー人」もしくは「ハンガリー」を指す名詞Magyar[mr](音声ファイル)は、日本において「マジャール」と誤ってカタカナ表記されているものが多いが、どの母音も伸ばさず「マジャル」と表記・発音するのが正しいカタカナ表記となる。(ハンガリー語では長母音の場合には母音の上にイーケゼットを付ける規則があるため(例:)、そうでない母音は長母音ではない。MagyarであってMagyrでないため、長母音として発音しないのが正しい。)

歴史上、ハンガリー王国多民族国家であり、今日のハンガリー人のみで構成されていたわけではなかった。そのため、その他の民族とハンガリー民族を特に区別する際に「マジャル人」という表現が用いられることがある。

ハンガリー」の語源として一般に認められているのは、俗説にある「フン族」ではなく、7世紀のテュルク系のオノグル(Onogur)という語であり、十本の矢(十部族)を意味する。これは初期のハンガリー人がマジャール7部族とハザール3部族の連合であったことに由来する。「ウンガーン」(独:Ungarn)、「ウンガリア」(希:Ουγγαρα)に見られるように元々は語頭のhがなかった。

古代にはパンノニアと呼ばれ、パンノニア族・ダキア人などが住んでいた。紀元前1世紀にはローマに占領され、属州イリュリクムに編入。1世紀中頃属州パンノニアに分離された。4世紀後半にはフン族が侵入、西暦433年に西ローマ帝国によりパンノニアの支配を認められ、フン族によってハンガリーを主要領土(一部現在のブルガリアルーマニアを含む)とする独立国家が初めて誕生した。

フン族はその後アッティラの時代に現在のハンガリーだけではなくローマ帝国の一部も支配下に収めたが、アッティラが40歳で死亡した後、後継者の不在によりフン族は分裂。結果的に6世紀にはアヴァールの侵入を許す。その後、8世紀にはアヴァールを倒したフランク王国支配下に移るが、フランク王国はほどなく後退し、9世紀にはウラル山脈を起源とするマジャル人が移住してきた。

10世紀末に即位したハンガリー人の君主イシュトヴァーン1世は、西暦1000年にキリスト教に改宗し、西ヨーロッパのカトリック諸王国の一員であるハンガリー王国(アールパード朝)を建国した。ハンガリー王国はやがてトランシルヴァニア、ヴォイヴォディナ、クロアチアダルマチアなどを広く支配する大国に発展する。13世紀にはモンゴル帝国軍の襲来(モヒの戦い)を受け大きな被害を受けた。14世紀から15世紀頃には周辺の諸王国と同君連合を結んで中央ヨーロッパの強国となった。

1396年、オスマン帝国とのニコポリスの戦いで敗北。フス戦争(1419年-1439年)。15世紀後半からオスマン帝国の強い圧力を受けるようになった。1526年には、モハーチの戦いに敗れ、国王ラヨシュ2世が戦死した。1541年にブダが陥落し、その結果、東南部と中部の3分の2をオスマン帝国オスマン帝国ハンガリー)、北西部の3分の1をハプスブルク家オーストリアによって分割支配され(王領ハンガリー)、両帝国のぶつかりあう最前線となった。

三十年戦争(1618年-1648年)には、プロテスタント側にトランシルヴァニア公国が、カトリック側に王領ハンガリーが分裂して参加。

1683年の第二次ウィーン包囲に敗北したオスマン帝国が軍事的に後退すると、1699年のカルロヴィッツ条約でハンガリーおよびハンガリー王国領のクロアチアトランシルヴァニアオーストリアに割譲された。ハンガリーにとっては支配者がハプスブルク家に変わっただけであり、たびたび独立を求める運動が繰り返された。

フン族北匈奴

吸血鬼で有名な「トランシルヴァニア」も同じ様子で、「血を飲む匈奴」と一致

キリスト教に改宗

ハプスブルク支配、となっていた様子

ハプスブルクとは「鷹の紋章」

ハンガリー人火星人説」とあるが、火星人は全て「タコ型」で表されているようです。最近も映画にありましたが

フン族-Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%B3%E6%97%8F

画像

フン族を描いた19世紀の歴史画(ヨーハン・ネーポムク・ガイガー画)

・映画「ライフ」(画像)

(ネット抜粋)

2017年7月8日公開

解説

デッドプール」のライアン・レイノルズ、「サウスポー」のジェイク・ギレンホール、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「ウルヴァリン:SAMURAI」の真田広之が共演し、地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が密室の無重力空間で直面する恐怖を描いたSFスリラー。火星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始した。しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめる。高い知能を持つ生命体を前に宇宙飛行士たちの関係も狂い出し、ついには命を落とす者まで現われる。

→宇宙局の日本人技術者役で「真田広之(本姓は、下沢氏)」が配役されていた。

火星から採取した「生命体」を培養してしまい、次第にタコ型になり隊員を襲う。

「どんな状況でも生き続け、相手にあわせて進化する」

最初は「黒人隊員」が培養にあたるが、彼にしか出来ないとの話な様子。

黒人隊員「AriyonBakare(アリヨン・バカーレ)」

蟻!?

最後、生き残り二人は女一人は「地球へ帰還」、男(デヴィッド・ジョーダン隊員(ジェイク・ギレンホール))は「エイリアンを捕獲し宇宙のもくずとなる」選択をした。

「絶対にエイリアンは殺せ」と地球へメッセージを送る。

しかし、地球へ着陸したのはエイリアンとデヴィッド隊員だった!というラストでした。

→「火星エイリアンを培養したのは黒人の蟻!」これは、「黒人で体一体を作ろうとする蟻塚」の説と一致している。キング牧師の著書「黒人の進む道 世界は一つ屋根の下に」

抜粋

6章 世界は一つ屋根のもとに より

・アフリカの黒い兄弟たちや、アジア、南アメリカカリブ海などの褐色や黄色の兄弟と手をつなぎ、合衆国の黒人は非常に切迫した意識をもって、人種的正義という約束された土地へ向かって移動しているのである

・われわれが今住んでいるこの大きな家は、世界中が隣人であることから世界中が兄弟であることに変えるよう、われわれに要求している〜

さもなければ、われわれはいっしょになって愚かな者として滅びざるをえないことになるであろう

→この思想は、やはり「世界中を黒人だけにする」と指導していると思われますが。この計画?結社が「火星人侵略説」と同じなのかもしれない。

イコール、匈奴フン族ハンガリー人の「地球支配」

となるのかも。「フン族は文」という漢字で表されているようですが、韓国大統領も「文在寅」、カンボジア大統領「フン・セン」は独裁体制となったそうです。

エイリアンとの帰還者「デヴィッド隊員」は「ダビデ(六芒星)の結社」とも一致。

大阪の岸和田城は、「サムライの襲撃をタコ軍団に助けられた」と伝わっており、今も駅に「タコ軍団に助けられた図」がステンドグラスで残されているそうです。

泉州タコ軍団戦記 - 蝉の日和見 http://cicadan.blog111.fc2.com/blog-entry-37.html

抜粋

蛸地蔵縁起(改行・句読点等 筆者)

 遠く建武の昔、和田和泉守高家が岸和田に城を築いたころ、蛸の背に乗り給うた地蔵尊が海辺に御姿を現されたが、乱世のため厚く信敬しないまま二百五十余年の歳月が流れた。

 天正十二年三月、紀州根来・雑賀の衆徒が泉州を侵し、中村孫平次一氏らが籠る岸和田城を抜こうとした。城兵らの力戦むなしく敗色ようやく濃くなった日、無数の蛸とともに大法師が出現され、縦横に衆徒を打ち破ったから城は不思議に事なきを得た。

 大法師は地蔵菩薩の化身にほかならない。その後、城主の霊夢によって得た木佛尊像を城内にまつったが、文禄年間泰山和尚の懇望で当天性寺に移された。

 それより諸人の礼拝が自由となり、広大無辺のご利益があまねく伝わったから、参詣の人々たえることなく蛸地蔵の名と共に今日におよんでいる。

 有難や蛸の地蔵に手を引かれ 弘誓の船に乗るぞ嬉しき

泉州志、和泉名所図絵、岸和田藩志より 岩橋太吉 撰

→中村氏はアイヌ人かもしれない、

HPでみましたが、一人の中村氏は「反日」で、アイヌ人集団は「アイヌ人の御辞儀や、腹切りの文化を日本人に奪われた」と主張している。

わたしは、戦犯や右翼はアイヌ人じゃないか?と推測しているんですが、

映画「バルトの楽園」では、日本人軍人(板東英二阿部寛等)はドイツビル技術者を捕らえ、日本で働かせていた、

印刷やパン制作など。「力でした勝ったからだ」等と、確か板東英二さんのセリフがありました。

阿部寛だったか「アイヌ人で、昔開拓民として使われたコトを恨んでいる」様子。(うらおぼえm(_ _)m)

実際に、阿部氏は戦犯にいたらしいし「安倍総理」は秋田氏とともにアラハバキ族とやらの子孫で(和田いえば文書にあり、偽書とされた)

実際にアラハバキ神を今も信仰している、アイヌ人首領の家だ、とネット記述にあり。

アラハバキはアラブの神らしく、昔いくつか出土したらしい「遮光器土偶」がアラハバキ神だという。

バルトの楽園 - Wikipedia https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%81%AE%E6%A5%BD%E5%9C%92

・RAPT|イルミナティ天皇中心の世界統一政府を樹立しようとしていることを裏付ける幾つかの客観的事実。http://rapt-neo.com/?p=30855

抜粋

イルミナティ悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔

この本には、どんな人物たちが「イルミナティ」に中心的に関わっているのか、かなり具体的に書かれています。

−−−−−−−−−−−−−−−−

イルミナティ悪魔の13血流』の著者フリッツ・スプリングマイヤーによれば、イルミナティの中枢は特定のファミリーによって構成されているという。

このファミリーは黒魔術を実践することで、そのパワーを得ている。彼らの思想は基本的にグノーシスであり、バビロニアカバラ(古代神秘思想)である。

(註:カバラというと、一般的にはユダヤ思想と考えられていますが、実は日本の「密教」とも類似性のあることが指摘されています。なぜ類似しているのか、今さら説明するまでもないと思いますが、詳細を知りたい方はこちら)

グノーシスは、すでにいろいろなサイトで紹介されているので、それを参考にしてもらいたい。簡潔にいえば、グノーシスは古代神秘思想全般を指し、その多くがオカルト魔術である。

(註:グノーシスについては後に重要なお話をします。)

例えば、カバラミトラ教マニ教錬金術、スーフィ、ヘルメス哲学、ドゥルイド魔術、ルーン魔術などがあるが、西欧キリスト教思想からすれば、これらは異端の部類に入り、すべてグノーシスとして扱われる。ちなみにルシファー信仰もグノーシスの範疇である。

イルミナティに君臨する特定のファミリーの系譜を遡ると中世イタリアのベニスに辿りつく。ベニスはフェニキア人の町であり、彼らはベニスで「黒い貴族」として栄えた。

(註:フェニキア人とはアルファベットの原型をつくった民族であり、旧約聖書の民・カナン人の子孫です。詳しくはこちら)

以後、彼らはベニスからスイス、ロシア、ロンドン、アムステルダムへと移っていった。ベニスの黒い貴族たちはいくつも枝分れしていき、無数のファミリーを形成した。一部が現在の英国王室にも繋がっている。

(註:「ベニスの黒い貴族」が何者なのかは諸説紛々としていますが、結局のところ、昨日の記事にも書きました通り、「ドルイド教」を信じるカルト集団ということになるでしょう。一応、表向きには以下のリンクような解釈がされています。)

ベネチアの黒い貴族とは誰なのか?るいネット

1776年にはドイツのアダム・ヴァイスハウプトが、ロスチャイルドの支援を受けてババリアイルミナティを結成した。このババリアイルミナティであるが、彼らはNWO=新世界秩序を目指した。

(アダム・ヴァイスハウプト)

「教団の真の目的は世界を支配することである。これを達成するため、教団はあらゆる宗教を破壊し、すべての政府を打倒し、私有財産制を撤廃しなければならない。」

(註:「アダム・ヴァイスハウプト」についての詳細は以下のリンクをご覧ください。)

イルミナティに関する幾つかの考察。

ババリアイルミナティは結成後間もなく、彼らの秘密計画がババリア政府にバレてしまい、弾圧を受けた。そのため、イルミニストは追われる身となったが、ヨーロッパのファミリーの庇護を受け、その後、地下に潜り、活動を続ける。

イルミナティは今でも存在しており、その会員は各国の要人、富豪、貴族、学者などによって構成されているという。イルミナティは9位階に分類され、その最高位階「王」(king)であり、この「王」の位には特定のファミリーが君臨している。

ウィンストン・チャーチル

「ヴァイスハウプトの時代からカール・マルクスその他まで・・・・この世界的な陰謀(文明を破壊し、発達の抑圧と悪意の妬み、実現不可能な平等を基礎に社会を再構築しようとする陰謀)は着実に大きくなっている」

共産主義イルミナティが作ったものであるが、チャーチルは、イルミナティが作った共産主義が文明を破壊する危険な思想であることを警告している。

共産主義イルミナティの思想を具現化したものであり、決して我々が知る「平等で安心して暮らせる社会=共産主義」ではない。イルミナティが目指す共産主義とは、平等という名の「奴隷社会」である。

(註: 共産主義を作ったのは「天皇派」の悪魔崇拝者たちです。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)

○東西冷戦とはバチカン天皇の権力闘争でした。

そもそも左翼の本源が何処から来ているのか。それはイルミナティの思想から来ているわけで、イルミナティ結成日が、どんな日なのかを考えればすぐにわかる。イルミナティ結成日は5月1日であり、この日は現在、メーデーであり、労働運動の日である。

(註:5月1日は、古代ケルト人のベルテーンの祝祭日です。この祝祭日に、彼らは「バアル」に栄光を捧げました。詳しくは以下のリンクをご覧下さい。)

○ハロウィンももともと悪魔崇拝者たちの行う生贄儀式でした。ハロウィンとバアルと秦氏大正天皇との奇妙なつながり。

さて、話を元に戻す。スプリングマイヤーによればイルミナティの頂点に君臨しているファミリーは、イルミナティ13血流と呼ばれており、13家族存在する。

13家族の各ファミリーは、アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデ血流である。

この13家族がイルミナティの頂点に君臨している。さらに13家族に従属する形で、影の世界政府が存在しており、影の世界政府は、行政、司法、立法に分類できるという。

(影の世界政府)

行政部門:13人評議会(新世界秩序を指揮)

司法部門:サンヘドリン(古代ユダヤ最高会議、70名が在籍)

立法部門:300人委員会(13人評議会のすぐ下に位置、13人評議会を助ける機関)

これら3部門の下に、ビルダーバーグ会議、円卓会議、王立国際問題研究所、ローマクラブ、外交問題評議会、三極委員会といった数々の国際機関が存在している。

(ダビデの血流)

エスと堕天使ルシファーの血が流れていると自称するのが、13番目の「聖なる」ダビデの血流である(イルミナティのリーダーたちは、ルシファーとキリストは兄弟と考えている)。ユダヤのダン族を源流とするバビロン的カラバ魔術とドルイドに行き着く「全てを見通す目」のエジプト魔術を駆使する。英国王室を中心にすべてのヨーロッパ王室に貫流するオカルトの血筋メロビング王朝(ハップスブルグ家)の系譜でもある。この血族から、ワシントン、クリントン、ブッシュなど幾人かの歴代米大統領を輩出している。

→こちらがダビデ結社とされる「イルミナティ」らしいです。

共産主義天皇派とバチカンの争い、大正天皇、らしく

キング「王」を頂点とする結社で、「アダム・ヴァイスハウプト」なる記述から推測するとやはり「キング牧師の黒人解放運動、独立戦争」と一致するかと思います。

正義の思想がある?、かもしれないが結局は

私は、「結社」というもの全て「昆虫種族(蟻系)」で基本構成され(匈奴フン族?)「女王を頂点とする蟻塚」が「機動力がズバ抜けている」と推測しているんです。

ハンガリー人がユダヤ人だと上記にありますが(原爆を発明した、レオ・シラードはユダヤ人)それは「頭が良い」ではなく「体細胞的な技術」を用いている、蟻系種族というカラクリと推測しているんです。

脳波を送る事によってか、その反映で活動した女王蟻系の「教祖」が(ナチスのアーリアン思想)、「自分の体を構成する機械(細胞)を作り始めた」のか、それにより「黒人、カリブ系人種、黄色人種」等が「細胞装置」を搭載し技術を持ち始めたのではないでしょうか。

とりあえず「穢多(エタ)」がその様な技術を持ち活発化したのは明治らしい。

・他日記

共産主義(コミンテルン続き) 優性人種思想 中華思想 天皇

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967208103&owner_id=4046808

コミンテルン(共産主義インターナショナル)規約について

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967138606&owner_id=4046808

コミンテルン(共産主義インターナショナル)書 簡 八紘一宇http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967400420&owner_id=4046808

コミンテルン書簡ーー経営・工場細胞、改良主義者排除

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967422743&owner_id=4046808

コミンテルン書簡(2)http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967461345&owner_id=4046808

ファシズム火病(ファ病)、恨(ハン)は帝国主義の被害ではないか

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967506485&owner_id=4046808

非人のキヨメが粛清を行う種族か?

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967348962&owner_id=4046808

アーレント全体主義の起源」と「サンカ」「赤軍」等々

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967103094&owner_id=4046808

予言書「日月神事」が日本帝国主義か?

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966727319&owner_id=4046808

月氏月氏では無いようですが「今様望月」について

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966288555&owner_id=4046808

徐福の「不死」思想集団はアカシックレコードの一つ

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966473812&owner_id=4046808

月氏天皇家の祖先だと言うが

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966335541&owner_id=4046808

統一教会等や結社はネグロイドで地球統一を目指している

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966515698&owner_id=4046808

連続殺人鬼の電気技師系について

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966625984&owner_id=4046808

電気技師系の殺戮者2

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1967816430&owner_id=4046808

イギリス王室やバチカン支那人で快楽殺人者で海賊で匈奴

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966495553&owner_id=4046808

白人至上主義者のルーツも結局ネグロイドではないか?

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966538387&owner_id=4046808

ペット汚染傾向 http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1966776697&owner_id=4046808